fc2ブログ

クリスマス・イブ

 クリスマス・イブになるといつも思い出すことがあります。今から25年くらい前のことです。当時私は大学病院の研修医の1年目でした。
 クリマスイブの午後にひとりの男の子が入院しました。強度の貧血があり、骨髄検査をしたところ白血病でした。病棟医長のS先生に厳しく指導されながら、血液細胞、骨髄細胞を顕微鏡で見ながら細胞の数を数え、その合間に治療計画に従って、またまた厳しく指導されながら点滴や注射などをしていました。
 結局その日は24日に帰れず、25日の深夜2,3時頃帰宅し、ヘトヘトだった記憶があります。幸いその男の子は治療がうまくいき、退院して再発もなかったように思います。
 その後、何かの縁あってか、血液腫瘍疾患をみることが多かったようですが、そのたびにS先生に厳しく指導されながら過ごしていました。しかし翌年の5月には私は県立病院に転出し、血液腫瘍疾患をみることはなくなりました。
 私は県立病院に移ってからは、新生児センター、豊橋で重症心身障害児(者)、静岡でてんかんと神経疾患を中心にみるようになり、S先生とは一緒に仕事をすることはありませんでした
 けれども今年の10月に開業してからは、再びS先生によくお目にかかるようになりました。今では開業のあれこれをアドバイス頂いています。。当時とは違って、今はとても優しく指導して下さいます。S先生はいつまでたっても私の大切な指導医の先生です。
プロフィール

すこやかこどもクリニック

Author:すこやかこどもクリニック
地域のこどもたちが、健康な生活ができるように日々努力しています。また苦痛の少ない、お子さまに応じた最新の治療を心がけています。

カウント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-