fc2ブログ

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎がふえています。 今年は感染性胃腸炎が例年より多いようで、そのほとんどがノロウィルスの可能性が高いと報告されています。当院でも2、3週間くらい前から感染性胃腸炎の患者さんが急に増えました。しかし先週はピークを過ぎたのか減少傾向にあります。 感染性胃腸炎は伝染力が強く、予防するのが難しいのが現実です。胃腸炎は多くの場合2,3日でおさまっていきますが、嘔吐、下痢が繰り返しつづく場合は脱水症に気をつけることが大事です。先日のニュースでは脱水を防ぐには少量の水分を回数を増やして、口からとるように放送していました。 しかし実際、嘔吐が激しいときは、少し飲んだだけでも吐いてしまいます。飲んで吐き、また飲んで吐くことを繰り返して来院されることが多い感じがします。そんなときは2,3時間待ってみて、吐き気がとまって落ち着いてから水分を取り始めるとうまく行くことが多いようです。ただ半日以上も水分がとれなかったり、尿が減ったり、皮膚が乾燥したりするようなときは点滴が必要になります。つまり水分を経口摂取するタイミングが大事でしょうか。 24,5年くらい前にはひどい脱水症をともなった感染性腸炎のこどもが午前中の外来を受診して急いで点滴をすることがたまにありましたが、最近はそのようなこともめっきりなくなりました。そういう現状をみると病気に対する理解が深まっているのかもしれません。
プロフィール

すこやかこどもクリニック

Author:すこやかこどもクリニック
地域のこどもたちが、健康な生活ができるように日々努力しています。また苦痛の少ない、お子さまに応じた最新の治療を心がけています。

カウント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-