fc2ブログ

最近みられる病気

6月の終わりくらいから、夏かぜが出ています。ヘルパンギーナ、手足口病、アデノウィルス感染症、ウイルス不明の咽頭炎などがみられます。一部では溶連菌感染症もあります。
 ただインフルエンザ流行時期のようなわけでなく、この時期は感染症は少ないです。
クリニックはいわゆる平和な状態でいわゆる患者さんは少なく、合間合間が長いですね。クリニックを維持するのも大変です。
 なぜか来院する患者さんは固まる傾向があり、忙しい時と暇な時があり、平均すると少ないなと感じます。
 それ以外、最近は筋肉疾患や発達の相談、けいれんの診察が少しずつあります。
 小児神経疾患は人口あたり少ない病気です。筋疾患は約1万に1人強、てんかんも100人に0.5-0.8人くらい、重度脳性麻痺は500人に1人弱くらいなので、アレルギー疾患に比べるとずっとずっと少ないです。
必然的に小児神経を診察する専門医は少なく岐阜県内に10名弱ではないかと思います。さらに筋疾患を診療できるのはさらに少ないです。
 筋疾患に関しては成人の診療も同様です。一般に成人の筋疾患は神経内科の医師が診察しますが、筋疾患を専門とする神経内科医はかなり少ないようです。
 臨床研修医制度になって、小児科診療では一般診療医は増加してきていますが、患者数が少ない分野を診察する専門医は減少傾向と思います。他の診療科も同様ではないでしょうか。

すこやかこどもクリニック
プロフィール

すこやかこどもクリニック

Author:すこやかこどもクリニック
地域のこどもたちが、健康な生活ができるように日々努力しています。また苦痛の少ない、お子さまに応じた最新の治療を心がけています。

カウント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-